トップページ

人間は、いつどのようなタイミングで病気にかかってしまったり、体調を崩してしまうか分からないものです。
いざというピンチから体調を回復させるためのものが、薬局で販売していたり、病院で処方されている様々な薬です。
このサイト「分かりやすい薬と健康情報」では、症状ごとのお薬の体験談と、適切な薬の飲み方に対する情報をお届けしています。

正しい服用を自覚するためのお薬手帖

体調が悪くなり病院に行った際、最近はお薬を病院の窓口ではなく、薬局で別個にいただくことが多くなっています。
診察していただいた際には、処方される薬について医師から口頭で説明はありますが、現物を目の前にしての会話ではなく、どういった薬なのかは薬局に行くまでなかなかわからないことも多いものです。

処方箋をもって、薬局の窓口に行くとお薬手帖の有無をよく尋ねられます。
その中に、今までさまざまな病気の際に処方された薬の記録がされているからです。
処方箋に法って薬局では薬をだしてくれるわけですが、それ以前に今までどういった薬を服用してきたのかは、それだけではわかりません。
しかし、お薬手帖を持っていれば、その内容を確認することができます。

お得なインフォメーション

  • 勃起不全の症状にはレビトラを始めとする治療薬が有効です。純正品のお薬を低価格で販売している専門サイトです。

薬の記録を残しておくことは重要

お薬手帖はとても便利なものではありますが、一度薬を飲んでしまい完治してしまうと、どこかに置き忘れてしまったりして、次に何かがあった際にはすっかり持っていくことすら忘れてしまったりと、どうしても軽んじてしまう傾向もあるように思われます。

しかし、病気が完治したあとであっても、たとえば何かの薬のなんらかの症状が後から起きることも十二分に考えられます。そのとき、自分の手元に薬の現物が残っていればよいのですが、何も残らず、ましてや難解な薬の名前をすべて覚えておくことなどもかなり難しいことです。
そのため、お薬手帖にしっかりと今までの薬を記録し、のこしておくことは健康な時にもとても重要なこととなります。

自分が服用している薬がどんな効果をもたらす薬なのか、薬局では薬を前にして口頭でも必ず説明をしてくれます。
そして、今は、さらにわかりやすくするために、薬の写真がついた印刷物などもいっしょに渡してくれます。
その印刷物をお薬手帖に張り付けておくことで、これから自分が飲む薬の名前や内容を自分自身でも繰り返し確認することができます。

ついつい、お薬手帖を軽んじてしまいがちですが、重要性はかなり高いものです。
正しく薬を服用するためにも、是非、大切なものとして身近に必ず置いておきたいものです。

お役立ち情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ